新宿のリラクゼーションマッサージゆるり新宿店への電話予約
新宿 マッサージ 24時間ネット予約
ゆるり新宿店へのアクセス
新宿のリラクゼーションマッサージゆるり新宿店への電話予約
新宿 マッサージ 24時間ネット予約
ゆるり新宿店へのアクセス

新宿駅徒歩3分、全身60分税別2980円お着換え無料のマッサージ店「全身ほぐし整処ゆるり新宿店」は、年中無休11時〜23時まで営業。安いのに肩こり・腰痛に効くと口コミ人気ランキングが高い、東京都西新宿周辺のリラクゼーションマッサージサロン。フットマッサージ・ヘッドマッサージもおすすめ!

首のコリ

首の解剖学的特徴

首のコリ 新宿首は頚椎という7つの骨から構成されています。生理的な湾曲として身体の前面にむかってカーブをしている前湾によって頭の重みを支える構造となっています。ほかの背骨と違い血管が走り、一つ一つの骨は首の動く範囲の広さから考えてもわかるように小さい骨となっています。頭部の6キロ~8キロくらいの重みを支えながら広い範囲を動く関節はその周りに付着する数多くの筋肉によってコントロールされており負担が大きいものとなっています。筋肉の数は深いところや浅いところもふくめて10ほどで構成されておりそれらの筋肉は頭を支えたり、首を動かすことや呼吸に至るまでつかわれています。

 

首の筋肉がコルことによって起こること

筋肉と筋肉の間を通る血管の流れを阻害したり、同じようにその間を通る神経が圧迫を受けることによって手のほうにしびれ、倦怠感、冷え、筋肉の力の入りにくさなどの症状がおこることもあり、前腕部で脈を取る際にその拍動の弱さを示す場合もあります。

また頭の骨との関節に置いてはその関節の隙間を狭くすることで偏頭痛を引き起こすことや、不眠や集中力減退へとつながり日常生活に大きな影響を与えることもしばしば。

椎間板のヘルニアだけでなく頭部の深刻な問題によっても手のしびれなどが起こる場合もあるので検査が必要な場合もあるので注意です。

 

首のほぐすためのポイント

重力方向に負担のかかりすぎている首は縮こまる方向への力が加わりすぎているためそれらの緩和が必須になってきます。様々な方向への筋肉が走っているのでそれぞれの筋肉を伸ばすためのストレッチが効果的で自分で行うのには効率的でないことが多くプロにお任せすることが一番良い場所と言えます。また、首と頭の境目に関しても筋肉の緊張がきついケースが多いためここは身体をすっきりするためにも重要なポイントになっています。

 

首のケアにとって大事な日常生活のワンポイント

一番は枕です。

寝ている時間を支えてくれるもので重力に対し一番リラックスした状態が保たれることができるもっとも日常における長い時間です。うえ向きで寝た場合において頚椎のカーブを支えることができる適度な硬さをもち重力によって頚椎に牽引する働きかけをすることができるものです。ズバリこれを日常生活に導入することによって手のしびれやヘルニアの症状を改善したとの体験談がおおくよせられてもいます。睡眠において寝がえりなどの動作は身体の歪みを整える自然に起こる体操と呼ばれています。枕に限らずマットも重要で寝がえりを行うことができる十分なスペースがあることが望ましいです。赤ちゃんは寝ている間にたくさん寝がえりをしますがまだ固まっていない背骨などを寝ているときに調整しながらハイハイの時期やつかまり立ちの時期を経て歩くようになるまでの身体を作っているともいわれます。

 

Google検索

新宿 マッサージ

ゆるり新宿へは上記クリックしていただけると問い合わせ、また道に迷わず当店まで来ていただけることが可能です!

背中の疲れ

背中の疲れとは?

背中の疲れ 新宿背骨は座位でも立位でも常にその周りの筋肉は重力に逆らって支え続けています。

なので非常に疲れがたまると取れにくいのが特徴的なポイントです!

何気なく背中を大きく後ろにそらしたりという動作を時々行わないとしんどいあなたはそろそろケアをしてあげたほうがいいですよの合図です。

内臓による影響もでやすいので飲みすぎた後、食べ過ぎた後、腎臓機能の問題においてもだるさや痛み等症状が出たりする場合もありますのでマッサージを受けてもなかなか改善しない人は要注意です。

 

重要なポイント

少し専門的になるのですが胸腰の移行部は胸椎の上から12番目と腰椎の一番上のところは重力を最も受けやすい場所で、骨粗鬆症などの骨がもろくなる病気になるとその重力をたくさん受けることから圧迫されることによっておこる圧迫骨折なるものを起こすポイントです。骨粗鬆症という病気でなくても重力が非常に大きくかかるということに置いては病気でなくても同じで非常に大きなストレスを受け続けております。この部分における関節の隙間が伸びづらくなっているケースも周辺の筋肉の硬さによっておこっています。そんな施術をするべきポイントではあるのですが多くのリラクゼーションでは触らないことが多いポイントです。その理由は骨折や痛めてしまうというリスクがあることやその場所における施術はそれなりの熟練度が必要だからです。この場所の施術は非常に身体を楽にしてくれるポイントなのでぜひ、どこかで施術を受ける際はリクエストしても良いです。新宿で背中の疲れをほぐすゆるり新宿店はそんなリクエストにこたえることができるスタッフが揃っています。

日常での注意点

背中の丸みが大きくなりがちで疲れがたまりやすい人は寝るときの工夫が必要です。

枕が高すぎる

マットが柔らかすぎる

真っすぐに身体を伸ばせる十分なスペースがない

この3点にはとくに注意が必要で状況を悪化させる原因にもなりやすいです。

日常での背中に疲れをためない椅子選び

背もたれはお尻から肩の高さまでの半分以上あること

座った時に太ももの3分の2くらいは座面で支えることができること

足の裏、座っているときに地面に接触していること

非常に長い時間座っていることが多い人にとって非常に重要な椅子選びです。

自分の生活に置いて長い時間かけて行っていることに対してサポートしてあげることは大きく日常のストレスを和らげてくれます。その全員に共通するのが寝具選びですが、普段デスクワークの多い人はパソコンの位置、手の置き場、机の高さ、そしてこの椅子選びは大切です。

 

Google検索

新宿 マッサージ

ゆるり新宿へは上記クリックしていただけると問い合わせ、また道に迷わず当店まで来ていただけることが可能です!

 

坐骨神経痛

坐骨神経って?

坐骨神経痛 新宿坐骨神経とは人体の中で最も太い神経です。

腰からおしり太ももの後ろ側、下肢、足の裏にまでつながっている神経でその神経が走っている周辺やその先で痛みが起こることを「坐骨神経痛」と呼びます。

神経のトラブルなのでだるさや、いたみ、しびれ、力の入りづらさなどの症状とでてくることが多いです。

東京の新宿でマッサージ「ゆるり新宿店」でマッサージ受ける人に多いのは、太ももの後ろ側やおしりの部分にだるさを感じた人です。その中にはむくみが出ている人もいれば、ふくらはぎの部分がよくつってしまう人、足の裏が疲れやすい人が多いです。

 

どんなことで坐骨神経痛って起こるの?

  • 脊柱管狭窄症
  • 腰部椎間板ヘルニア
  • 梨状筋症候群
  • 脊柱や骨盤内における腫瘍

などによって起こります。

 

予防や改善方法

  1. 柔軟性を保つためのストレッチ
    筋肉が硬直して症状が増すことがあるので筋肉の緊張を和らげることで血液の循環も良くなります。
  2. 正しい姿勢を保つ
    腰の負担によって起こることが多いので腰の負担が少ない椅子に座ることがお勧めです。
  3. 冷えを防ぐ
    寒いことによって起こる筋肉の緊張は神経痛によって起こる筋肉の緊張をさらに悪化することにつながることもありますのでお風呂による半身浴もオススメです。
  4. 肥満には注意
    おなかの周りにつく贅肉は腰の背骨を支える筋肉の負担が増えることを意味します。
    神経は腰のひとつひとつ骨の間からでているのでそういったところへの悪影響も出ますので適度な運動やちょっとの食事制限で負担を減らしてあげることをお勧めします。

が挙げられます。

 

マッサージのポイント

  1. 中臀筋
    おしりの筋肉の深部にある筋肉で身体を支える意味でも比較的緊張状態が続きやすい場所です。
    圧を加えると深い部分にこりを感じ、痛いような気持ち良さを感じるポイントです。
  2. ハムストリング
    太ももの裏側にある筋肉で非常に坐骨神経による影響を受けやすいポイントです。
    すごい突っ張りを感じやすいポイントに対してストレッチよりもほぐすほうが身体が楽になる人が多いポイントです。
  3. 股関節周辺
    人体で一番大きな関節ですが細かな動きもするために様々な筋肉が付着している部分でもあります。マッサージにはコツがいる場所なんですがベテランの施術する人だとばっちりケアしてくれるはずです。
  4. ふくらはぎ
    足がつりやすいなどの症状が出る人や足に冷えを感じるのであればマストなポイント。触られた瞬間は痛みを感じやすいかもしれませんがほぐれると本来の柔らかさにもどり歩きや安さを感じてもらえるポイントです。
  5. 足の裏
    クッション性の高い構造をしている足部。クッションが悪くなるともちろんのこと腰への悪影響を及ぼしやすくなってしまいます。ぐっと圧を加えられると飛び上がるような感じになる人も多いですがそのあとは非常にスッキリとした感じになれるポイントです。

Google検索

新宿 マッサージ

ゆるり新宿へは上記クリックしていただけると問い合わせ、また道に迷わず当店まで来ていただけることが可能です!

足のむくみ

足のむくみとは?

足のむくみ 新宿むくみとは身体の中の余分な体液が滞ることによって起こります。ひどい場合は圧を加えると押した跡がしばらく残るものから、新宿でフットマッサージ「ゆるり新宿店」にこられる方で多いのは足が重たい、だるい、靴が朝はいたときよりもきつく感じる、冷たい感じが続くなどの方が多いです。新宿ではオフィス街も多くデスクワークの人やサービス業でクーラーのきいた中で立ちっぱなしの方、またショッピングや観光で長時間歩いた方のご利用が多いです。

 

なんで足がむくむの?

足というのは心臓から一番遠いところにあり、全体重を支えているところで、非常に窮屈な状況として靴下や靴に閉じ込められがちなところです。心臓から押し出された血液は全身を駆け巡るのですが重力に逆らって戻らないといけない足の血液は動かさない状態が続くとその流れの動きが滞りやすいのが特徴です。日常生活の動作に置いて一番頑張ってくれているのが足ではないでしょうか?けど、そのケアは髪の毛や顔と比べると見ることも触ることもほとんどされていない方が多い場所です。

 

フットマッサージのメリット

タイのバンコクやアジア各国に行くと非常に街並みに見かけるフットマッサージの看板ですがあらゆる国でニーズがある足のマッサージです。マッサージの効果としては血液の流れを促進したり、リンパなどの流れの改善による老廃物の除去につながるのです。それは交通渋滞と同じで渋滞があればそのあとから車がどんどん詰まってしまうのと一緒でどこかの流れが詰まっている原因としてすべての人に該当しやすいのが足の裏なんです。だから身体のいろんな場所の根本的なトラブルになっている場合が多く、普段からその流れの滞りを起こさないようにする意味でも重要なポイントになってきます。また、ご存知の方も多いのですが全身のツボが足の部分には存在するのでしんどい時だけでもなくこまめにしてあげることにもメリットがあります。

 

足のむくみが起こる怖い病気

  • 心不全
  • 腎・肝不全
  • 甲状腺機能低下症
  • リンパ浮腫

朝起きてもむくみがひきずらいときは病院で診てもらってください。

 

自分でできるオススメチェック法

  1. いつも履いている靴の裏を見ること(左右のすり減り方が違う)
    すり減り方の違いで外側のすり減りが激しい人は膝の痛みやO脚になるかも
    踵のほうがすり減っている人は腰の筋肉に疲れが出やすい
  2. 青色に見える血管が小さく見えたり、異常に膨らんだりしていないかどうかの点検
  3. 足の指の指と指の間に自分の手の指を入れてみて入りづらい人

何か一つでも気になる人はどこかで相談してみましょう。

 

Google検索

新宿 マッサージ

ゆるり新宿へは上記クリックしていただけると問い合わせ、また道に迷わず当店まで来ていただけることが可能です!

手のしびれ

手首の痺れ 新宿手のしびれの症状は首の神経に対して何らかの影響を及ぼしていることによって起こります。

新宿で働く人によって起こる可能性の高いひとつの手のしびれを症状とするものに

頚肩腕症候群

があります。

これは手を使う作業が多い人に起こることがおおく昨今においてはスマホなどの長時間の操作が増えたこともありこの状況に陥る人が増えていることを実感する機会が多いです。

手や首や肩のつかれがだるいなぁーって感じる症状から始まり、手が冷たさまたしびれ、うごきにくさを感じるケースもあり、自律神経症状やまたうつ病へとの関連性もあるといわれています。

本来はキーパンチャーと呼ばれるタイプを打つ人から始まり、コンピューター、お札を数える人、レジを打つ人、またスマホの使用に至るまで幅広く頚肩腕症候群のきっかけが増えてきています。

どちらの手をよく使うかによってそちら側に症状が必ずしもでるというわけでもなく長引くと頭痛や耳鳴りを引き起こすこともあります。

それら原因は5つ

  1. 使い過ぎ
  2. 同じ姿勢を長時間
  3. ストレス
  4. 運動不足
  5. 身体の歪み

が考えられます。

原因をなくすことが大事なことですが自宅でできる一番の解決方法は

ゆっくりとお風呂につかり、しっかりと睡眠をとることです。

新宿で働く人はその忙しさあまり睡眠が不足していませんか?

また、新宿界隈ですまれている方のおおくが日常にシャワーのみということはないでしょうか?

この両方、またどちらかを一度、両方改善してみるのも良いい機会です。

鎖骨の上のへこみから第一肋骨と鎖骨、鎖骨の下の肩に近いところにある小胸筋までのすきまを胸郭出口といい、上肢(腕)に分布する神経や血管が走行しています。

鎖骨の上のやろっ骨から構成される隙間を神経や血管が走っているのですがそこがしめつけられることによって手先への症状が出る場合、また頸部前面の筋肉と筋肉の間で圧迫を受けるケースや頸部の神経根への椎間板ヘルニアによっても同様の症状がおこります。

頚椎は重い頭を支えることや色々な方向に動くことができる部分で支える筋肉や動かす筋肉がおおくありそれぞれが比較的小さいのが特徴です。足やおしりのように大きな筋肉ではない分、疲労をため込みやすいと言えるでしょう。

 

重要なマッサージポイント

  • 首周辺のマッサージ
  • 縮こまった筋肉を伸ばすストレッチ
  • 肩甲骨周りのマッサージ
  • 前腕や手のハンドマッサージ

これらのマッサージが必須となります。

★お時間の無い方用のオーダーは

上半身を集中した30分プラスハンドマッサージがオススメ

★症状が頭や全身の倦怠感まである方は

全身60分プラス15分のヘッドマッサージがオススメ

新宿で闘う人のサポーターは「ゆるり新宿」

 

Google検索

新宿 マッサージ

ゆるり新宿へは上記クリックしていただけると問い合わせ、また道に迷わず当店まで来ていただけることが可能です!

 

 



症状解説 | 新宿 マッサージ ゆるり新宿店

新宿 マッサージ 予約 & シェア

ご予約・空き確認はお気軽に
新宿 マッサージ ゆるり新宿店への電話お問い合わせ
新宿 マッサージ ゆるり新宿店|24時間PC・スマホネット予約・空き確認


新宿 マッサージ ゆるりスタッフが解説

症状・原因・対策情報

新宿 マッサージ 日誌

ゆるり新宿店 スタッフBLOG
肩の痛み 新宿

ゆるり新宿店ブログ

症状解説

肩の痛み

肩関節は関節の構造上、関節への負担がかかりやすくその小さないくつかの...

ゆるり新宿店ブログ

お客様満足度の向上のための定期技術研修

全身ほぐし整処ゆるりでは関西を中心に展開するリラクゼーションで整...

五十肩 新宿

ゆるり新宿店ブログ

症状解説

五十肩

五十肩とは? 肩関節周囲炎とも呼ばれています。40歳から50歳代ま...

足の疲れ 新宿

ゆるり新宿店ブログ

症状解説

足の疲れ

新宿での足の疲れ 新宿という街を歩くと街頭に仕事で立つ人や急ぎ早に...

不眠での悩み 新宿

ゆるり新宿店ブログ

症状解説

不眠での悩み

眠らない街と呼ばれる新宿 日本屈指の歓楽街とも呼ばれる歌舞伎町のあ...

首のコリ 新宿

ゆるり新宿店ブログ

症状解説

首のコリ

首の解剖学的特徴 首は頚椎という7つの骨から構成されています。生理...

背中の疲れ 新宿

ゆるり新宿店ブログ

症状解説

背中の疲れ

背中の疲れとは? 背骨は座位でも立位でも常にその周りの筋肉は重力に...

坐骨神経痛 新宿

ゆるり新宿店ブログ

症状解説

坐骨神経痛

坐骨神経って? 坐骨神経とは人体の中で最も太い神経です。 腰から...



最新記事からまとめ読みする



口コミ評価投票

満足 不満

満足度:

(総投票数:人)

TOP